希少なサル「シロテテナガザル」赤ちゃん すくすく(静岡県)

希少なサル「シロテテナガザル」赤ちゃん すくすく(静岡県)

伊東市の伊豆シャボテン動物公園では、希少なサルの赤ちゃんが生まれ順調に育っています。

 5月31日に生まれたくりっとした目が特徴的な「シロテテナガザル」の赤ちゃん「しーちゃん」です。母親の「ユズ」は2019年初めて出産しましたが、うまく育てることが出来ず、今回も「しーちゃん」を手放すことがあったため、産まれたその日に人工哺育に切り替えました。現在は、朝7時から約3時間おきに1日6回の授乳をしていて、保護した当初、体重は421gでしたが現在は579gにまで成長しました。
<伊豆シャボテン動物公園 竹田正裕副園長>「最初は少し体調が不安定だったが、今は元気に健康にすくすく育っています」
 「しーちゃん」は体調や天候がいい日は、家族と顔合わせをしていて、赤ちゃんに体力がついてくる4ヶ月程を目途に、家族のもとに戻したいということです。

Pocket
LINEで送る

どうぶつの赤ちゃんカテゴリの最新記事

テキストのコピーはできません。